薬剤師求人倍率

薬剤師求人倍率

薬剤師の求人倍率についてご紹介します。
薬剤師は高給な職業で、2012年の時給ランキングではなんと1位、2000円を超えているとのことです。
普通の職業は900円程度ですので、その待遇の良さは別格です。

リクナビ薬剤師

・求人業界で有名なリクルートが運営する「リクナビ薬剤師」
・全体の求人数は35000件以上あり日々新着求人が30件以上あります。
・急ぎの方には最短3日で転職が可能です。
・スピードだけでなく面接の調整や勤務条件の交渉などサポートが充実しています。
・また履歴書の添削、面接対策などをバックアップしてくれるのは嬉しいですね。

 

>>詳しくはこちらから<<

 

マイナビ薬剤師

・マイナビグループが運営する薬剤師転職支援サイトです。
無料登録を簡単に済ませれるのでお勧めです
・転職希望者の年間利用者数は200万人以上!
・全国の求人に強く職場の雰囲気、評判などの情報を一元管理。
年収600万以上の非公開求人も多数あります。
コンサルタントが親身に相談にのってくれるので安心です。

 

 

>>詳しくはこちらから<<

 

エムスリーキャリア

・2012年度登録者数No.1になった知名度抜群の転職支援サイトです。
・魅力は求人数の多さ、幅広さにあり希望の職場を探せます。
高収入(年収600万以上)子育てと両立など様々な希望にも対応してくれます
・一人ひとりに専門のコンサルタントが付いてくれるので心強いですね
即日でご紹介も可能です。

 

 

 

>>詳しくはこちらから<<

 

時給が高いということは、需要も多いという事が言えます。
薬剤師の数が不足しているようで、求人倍率は3倍から5倍なのだそうです。

 

なぜ薬剤師の求人倍率が高いのか?それは薬学部が6年制となり、新卒の数が減少したからなのです。
2012年から、再度移行後の新卒が社会に出てきますので、薬剤師の人数がまた増加し、
求人倍率も安定すると思われますが、やはり薬剤師は需要があるので、求人は引き続き有ることでしょう。

 

薬剤師は景気にも左右されない職業であることも安定した求人がある一因です。
景気が良ければ当然人出も不足するので求人数は増加しますが、不景気ですと人が余るので、求人数は激減します。
一般の企業は、景気の影響が求人を左右するといっても過言ではありません。

 

しかし、不景気だからといって薬が売れないということはありません。薬剤師は一定数は必要な職業なのです。
昨今は不景気ですが、好景気であった頃でも他の職業のように現在と比較して薬剤師の求人が多かったということはありません。
薬剤師は安定した求人がある職業と言えます。

薬剤師求人倍率 地方

また、によって薬剤師の求人倍率はばらつきがあります。
一般的な傾向ですと、都会では求人が多く、田舎では求人が少ないですが、
薬剤師は逆に、求人も待遇も田舎のほうが高いケースが多いのです。

 

これは医者や看護師といった医療系の職業全般と同様です。
どうしても求職者は働きやすい、都会に集中しますが、
人口に合わせた人数しか需要がないので、求人数が需要を超過するのです。
つまり、必要な人数は限られているにも関わらず、働きやすい都会に求人が集中してしまうのです。

 

しかし、まだまだ薬剤師は他の職業に比べると、求人が選ぶ事が出来るくらい安定しています。
求人誌を見れば記事を見かけますが、応募するには薬剤師の転職支援サイトが最適です。

 

今はインターネットで企業が求人を行い、求職者もインターネットを通じて応募をするといったことが当たり前になっています。
採用担当者との連絡もメールを使うのが当たり前となっています。
インターネットが使えなければ就職活動もままならないといっても過言ではありません。
その流れは当然薬剤師の求人も同様です。

薬剤師求人倍率 求人サイト

インターネットには日本全国の情報が集約されており、非公開なもの等も含めると情報量が豊富なのです。
多いところでは1万件を超える求人を掲載しているサイトもありますし、情報量が多ければ比較検討も可能です。
また、こうした求人サイトは自分一人で、個人的に行動する就職活動とは比較にならないくらいの利点が存在します。

 

それはコンサルタントがいて、就職活動をサポートしてくれる点です。
薬剤師個人のキャリア形成や要望にマッチした求人を紹介してくれるので、
なかなか就職活動に時間を割けない薬剤師にとっては有難いサービスです。

 

現役の薬剤師として仕事をしながら、転職活動を行う薬剤師も数多くいますので、
求人サイトのサポートは非常に強い味方になります。登録することで膨大な情報量から自分に
マッチした情報をピックアップすることが出来、専門のカウンセラーのサポートも得られるのです。

 

転職先を探すにあたり一番重要となる情報の収集と、活動の調整を任せることが出来るので、活用しない手はありません。
転職に成功するケースも多いですし、利用者の満足度も高いのです。
勿論無料で利用できるので、転職を目指す薬剤師には必須なツールだと言えます。

 

 

求人数は35000件以上のリクナビ薬剤師はこちらから

↓↓↓